株に勝つチャート研究

2018年12月30日

12月30日 大納会を終えて来年を占う。有馬記念に勝つ!

12月30日 大納会を終えて2019年の株式市場を占う。

今週は、初めての記入になります。週末は大納会となりました。

62円安、で辛うじて20000円をキープして終わりました。

金曜は、寄り付きからマイナスで始まりました、前場は前日の大幅高の反動で

年末、連休前のポジション整理の売りなどが出ていました。19900円位では

押し目買いなども入りましたが特色の無い相場で終わりました。

日足で今週の動きを見てみますと火曜日は、米国の騒動で20000円を割り込む

とパニック的な売りが出て売りが売りを呼び、追証などのいろんな売りが

クライマックス的な状態だったと思います。水曜日、寄り付きは反動で少し、反発

して始まったものの、大きな戻り売り圧力とNY先物などの軟調な動きから売ら

れたものの、引けにかけて先物の買い戻しから戻し、日足も陽線で十字足みたいな

形で反発の可能性が出てきました。そして先日は、先週、今週の急激な売りからの

巻き戻しやNYの大幅高により、750円高を演じました。そして今日小幅安に

なりました。

ここ直近の高値12月3日からは3700円程度下げたわけで20000円程度と

見ていた、下値を遥かに下の18948円まで下げました。まあ20000円

以下は、オーバーシュートでは、なかったかな思いました。先週は突っ込み買い

の噴きね売りの判断で書いていましたが肝を冷やす場面は買いという事でした。

日足的に見てここでは、5日線、25日線、75日線、200日線は見るまでも

無く、急激な下向き傾向で、チャートでは、ここに2年間で一番の25日乖離率

を見るとマイナス10.87%と大きな値を出しています。それでも、今後

1週間・2週間のレベルでは、底だったかもしれませんが、この大幅に崩れた

チャートは、今後の戻りでは相当大きな、売り圧力が出ることになります。

そう簡単には、右肩上がりの相場、買い相場は、難しいのではないかと危惧して

います。そうです今後戻りが22000円程度あったとしても下げ相場においては

空売りなどを多用していかないと相場に勝つのは厳しくなったと思います。


週足で見てみます。13週移動平均の乖離率では、今週の18000円台に入った

時に一瞬は、13%台に入っています、これは、2016年2月以来2年10か月

ぶりの大幅乖離になりました。その時は、4か月後に底を着き反騰して18か月

大きな調整もなく今年の1月まで上げました。という事は、今後2か月から6か月

位は、調整がかかる可能性があるという事です。(赤の丸で囲まれた部分)
201812週足


月足から今年の動きを見てみると1月にまず天井を打ち、今までのアベノミクス

相場の終焉を思わせる様な下げとなり、10月にダブルトップの天井の形が成立

し10月から、なんと2か月で5500もの大きな下げになっています。

これをもって、6年間の上げ相場が一旦、終了したものと思います。
2018月足


そして日経平均の年足を眺めてみました。約50年の長さで見てみました。

今年は2011年以来の陰線になって、バブル崩壊後のチャートでは、

1年陰線が出ると2年は、陰線が出るパターンが多いです。そうなると来年も

下げ相場で1年陰線になることになりますが、ただ私は、バブル崩壊後22年と

2013年以降は少し違うと感じています。したがって、来年も陰線で終わると

は限らないと思います。現在は、AI時代で何事もスピードが速く、上げ、下げ

も思ったより大きくなる傾向があるからです。なので、今回のアベノミクス終了

相場の、下げは、来年の途中で終わり、反騰に向かうのではないかと想像して

います。ただ、年足で見るときに、昨年の安値18224円これを切っては

厳しくなると思います。ここを切らずに反転していく必要があります。

このことを頭に入れて取り組んでいきたいと思います。

2018年足

赤丸の部分がバブル崩壊後、青丸の部分が2012年からの相場

有馬記念G1 馬連
⑧-⑫ 配当940円 で3000円分当たりました。
私の予想は
◎⑭-③モズカチャン
   ⑥サトノダイヤモンド
   ⑧ブラストワンピース
   ⑪ミッキーロケット
   ⑫レイデオロ
   ⑮シュバルグラン
   ⑧—⑫も入れます。





kabuyumeo at 13:27|Permalink

2018年11月15日

11月15日 今日の日経平均の動き チャートの話、東電の上値目途

11月15日 今日の日経平均の動き チャートの話、東電の上値目途

今日の日経平均は、寄り付きは、170円程安く寄り付きました。

その後は、少しずつ戻して、10時過ぎには21800円位まで

戻して、そこからはまた、じりじりと下がり、14時位で、110円安

になっている。


やはり、各移動平均線が下向きの時は買ってはいけない。個別の株も

そうだ。日経平均と個別では多少の違いはあっても、チャートを見る

上では、同じととらえている。

特に移動平均線の中でも25日移動平均線は、中心的な線で投資家は、大体

見てると思うのでこの線を中心に考えると分かりやすい。

個別株の方が固有の動きや、決算やIRの動きで乱高下なりやすい。

日経平均の方は、225種の動きを総合して動くので、個別の動きより

見やすく、動きが読みやすい。


個別の例でいえば、最近取り上げる、9501などはとても良い教材に

なると思うので、よく観察したほうが良い。

特に上がる銘柄のチャートを探すのに勉強になるのが、大幅高を演じた銘柄

一か月で2倍とかなった銘柄のチャートで同意ずく前の1週間くらい前から

良く眺めるとヒントが隠れている。その形を覚えておくと良いと思う。

今買っている、9501東電の上値目途は、大雑把にいって、短期的には

700円前後ではないか。私はその辺で手放したい。この銘柄はいずれは、

1000円近くになる銘柄だと思いますがそれはいつなるかは、分かりません。




kabuyumeo at 13:57|Permalink

2018年11月03日

11月3日 戻りの目途を考える

11月3日 戻りの目途を考える

2日の日経平均は、朝から高く寄り付き、後場に入って一段高になり

結局556円高で終わった。大幅高でした。

しかし、11月1日のブログでも話した様に

次に結構重要な、25日移動平均線は、遥か上の22689円です。
下向きで、良くありません。

次に75日移動平均線は、75日線の下で22713円です
下向き、良くありません。

次は、長期的な見方で200日線です、22415円です。
下向きで良くありません。


週足で見ても
13週移動平均線は、22758円で下向き良くありません。

25週移動平均線は、22644円で下向きで、良くありません。

52週移動平均線は、22505円で下向きで、良くありません。


これらを総合的に考えて

戻りの目途は、22400〜22600円位ではないでしょうか?


そのあとは、三段下げになるか、もみ合いから上昇になるか?

確かめたいところです。



kabuyumeo at 13:05|Permalink

2018年11月01日

最近の日経平均と今後の動き。戻り幅、それともまだ下げかな?

みなさん、やっと体調も回復しました。今日退院することが出来ました。
有難うございます。

入院中は、相場の事は、忘れていました。たまにスマホで上がってる、
下がってる。

って感じで見る程度です。あまり真剣には見ていませんでしたが、
ラジオ日経は、暇だったのでradico.jpで久しぶりに聞いていました。

結局、相場では、10月11日の時に全投げをしてからほとんど、売り買いは

していない状態でした。それで帰って来て、チャートを眺めていると結局、

あの時の急落で投げてもそこから、2000円位下げたわけですから、投げは

正解であったと感じています。一時、買っても良いかなと感じた時もあり

ましたが、結局、一段下げで、直近高値から2200円弱まで下げました。

その後の戻りは、30%程度戻しましたが結局、戻り高値から、2000円弱

も下げて結局20971円まで下げました。、そして二段下げが完了して、

現在は、昨日まで、二段下げからの、戻りを48%程度、上げました。

一段下げの時の戻りよりも強くなっています。

それで本日は、ほぼ同値で始まり朝から売られていますね、後場からはさらに


売られて本日は232円安で終わりました、まあ二日も大幅に上げましたから。


ところで、現在の各移動平均は、どんな状態なのか!検証していきたいと思います。

まず短期的な観点から、日足で、
20181101a.PG


5日移動平均線は、二日大きな陽線が

出たことで、上向きに転じています。多分急落後の空売りの買い戻しで

大きく戻しましたので、上向きに転じています。

次に結構重要な、25日移動平均線は、遥か上の22756円です。

下向きで、良くありません。

次に75日移動平均線は、75日線の下で22721円です

下向き、良くありません。

次は、長期的な見方で200日線です、22423円です。

下向きで良くありません。


少し中期的視点から見るとまだ、200日線の上に75日線、その上に

25日線と位置関係は上昇過程の位置関係です。

がこれが長引くと、どんどん、25日線が75日線の下にきて、また

75日線が200日線の下に来る状態になります。そうなると、上昇気流に

乗るのに、大変大きなエネルギーが必要になります。

次に長期的視点からみて、週足で見てみましょう。

今回、基準にした、移動平均線は、13週、25週、52週、104週

の4つの移動平均線を見てみました。

20181101
20181101

まず、13週移動平均線は、22718円で下向き良くありません。

25週移動平均線は、22623円で下向きで、良くありません。

52週移動平均線は、22495円で下向きで、良くありません。

104週移動平均線は21053円です。上向きで上昇過程です。良好。

今回は注目するのは、今回の下げが、104週(二年平均)の所で反転して

反発しています。一段下げの時は、52週(一年平均)で下げ止まりでした。

もしここで、反転になった場合の次の段階です。では、どこまで反転するか?

それは、チャートで見てみると、日足でも、週足でも22500円から

22700円位に多くの抵抗帯と移動平均線が混在していますので、まず

ここら辺が戻りの目途になるだろうと思います。

ただ、次の可能性として戻りが止まり、三段下げと言うことも残っています

ので頭の中に入れて行動してください。以上こんな感じです。



十分気を付けて注視していきましょう!



kabuyumeo at 15:23|Permalink

2018年10月18日

10月18日木曜日 日経平均の動き 戻しの目途 等

10月18日木曜日 日経平均の動き

17日は、NY株式市場が反落をしています、前日の大幅高の反動で利益確定
売りが強まったか。

NYダウは一時300ドル超下落しましたが、持ち直し、FOMC議事要旨の公表後
に再び売られたものの91ドル安で終了しました。

ナスダック総合指数は0.04%安で前日比ほぼ変わらずの結果でした。

ドル円は1ドル=112円60~70銭で京市場は、弱間の円安・ドル高です。

NY債券市場は米長期金利は3.20%に上昇。NY商品先物市場は原油が一時

1カ月ぶり安値、69.75ドル、シカゴ先物日経平均は大証比20円安の22870円で
した。

◎日経平均は、寄り付き若干のプラスで始まりましたが、中国市場が始まった

辺り下げてきたような気がします。前場ダレて結局は、前引けが安値120円安

になって、前場を終わりました。

後場に入ってからもジリジリと下値を切り下げて、最後はほとんど、安値引け

の22658円で今日の日経平均は終わりました。

結局、中国市場を横目に見て、中国が現在3%近く、下落しています。
影響が大きかったのではないでしょうか?

日経平均もマザーズ市場も少し良い点は、5日移動平均線が上向きに転じた

ことです。少しの望みが出てきています。

今後、昨日の高値を抜けて上昇した場合は、戻り歩調を強める事になると
思います。


現在の株式市場は、急激に下落した後は、株価の変動率が激しくなっています

いわゆる。ボラティリティが高い状態なのです。大きく上がったと喜んでいても

、すぐに翌日GDになり、慌てて売る、そしたら再び翌日は、GUで大幅高など

と言うことが良くあります。冷静にとらえて、対処しないと株価に振り回されて

しまいます。こんな時期は、突っ込み買いの吹き値売りで対処して割り切って

短期売買に徹したほうが良いかと思います。

下手に下値を買ってやろうとして、買い向かい、そしてまた下げ、含み損が

大きくなり、売るに売れない状態になり、含み損が莫大になることが最悪の

パターンです。身動き取れず、1年塩づけなんて事もよく聞きます。このよ

うな状態にならないことが賢明です。


さて、日経平均が戻った場合ではどこまで戻る可能性があるか?
今日は、そこを検証してみたいです。


現在の日経平均の25日移動平均は、23400円辺りで少し上向き

なっています、しかしこれは、何日か25日線の下で株価が動くと

それは、下向きに変わってきます。そうするとこの25日平均線が

多分抵抗帯になっています。強い戻り売りに逢います。

またこの辺は、窓も存在します。ちょうど25日平均線のあたりです。

もう一つは、上げ幅の半値戻りの位置ですこの位置は、23350辺り

です。これも25日平均線辺りです。

と言うことは、23300〜23450辺りがひとまずの戻りの目途では
ないかと思います。


明日は、旅行に行きますので記入は日曜日になります。



kabuyumeo at 17:12|Permalink

2018年10月17日

10月17日水曜日 日経平均の動きと今後の指針

10月17日水曜日 日経平均の動きと今後の指針


今日は、NYダウ547ドル高、今回の大幅下落局面で寄り付いた値段よりも

引けが安い展開でしたが、昨日はそれを跳ね返す動きとなり買いが買いを

呼んでおります。ナスダック214ポイント高、両指数ともこれで二段下げ

が完了したと見て取れます。

NYを受けて日経平均は、朝よりから250円以上高く寄り付いた。そこからは、

ジリジリと上げて、10時過ぎに22959円と400円位の上げとなり

前場は、大幅反発となった。このくらいは、反発していいと思います。

後場は、ジリ安なり、結局291円高で22841円で終わり、十字足みたい

な感じで終わりました。

丸々、五日線の上に出ています。このままあと一日今の位置位で引けると

5日線も上向きになります。

昨日書いたように、下値から1000円位は、短期間で急騰しておかしく

ないです。

昨日に200日移動平均線を下から上に突き抜けたことで買い安心感が
出て来たのか?

ただ、個別を見れば強いものは強く、弱いものは弱い。例えば半導体関連の

銘柄はとても弱く、安いからと言って買うと痛い目に遭う可能性もあります

半導体関係は、米国のsox指数などの底打ちを見てら、反転を合図に買って

良いと思うます。ですから下値が固まってから買った方が良いと思います。

強い株として、商社株があります。この下げでも上向きな25日平均線を

割らずにいます。このようなものは、いずれ高値を取ってきます。

例えば、代表的なのが8001伊藤忠商事、ここは頑強な強さを感じさせます。

重要なのは、25日移動平均線、75日移動平均線が上向きかどうかです。

多くの銘柄が25日移動平均線が下向きになっている時はその下向きな

移動平均線位で跳ね返されます。と言うことは戻り待ちに逢いやすいのです。

次に為替です、ドル円112.33、八本目九本目ということで円高の流れから

円安へ反転しやすいというタイミングになっています。なんといっても

日本の現状は、円安に動かないと株は上がらないですからね。

移動平均で言うと為替に現れています。ドル円のチャートも75日移動平均線

できっちり止まっています。ここより反転です。ドル円のチャートは、25日

移動平均線をきっちりまだ上を向いています。これは大まかには、まだ円安

方向にあるということではないでしょうか。


今週は、場を見れず、取引はしていません。












kabuyumeo at 18:23|Permalink

2018年10月15日

10月15日の相場状況 今後の対応

10月15日の相場状況 今後の対応

今日の日経平均の後場は、後場寄りもガクンと安寄りした後は、例のごとく
少し反発して、ダラダラと下げ、結局がほとんど安値引けに終わる。
423円安ほとんど重症です。

今日の日足を観察すると、前場のブログに書いた75日線の解説を買きました。
のでそれを見てください。引け後の解説は、200日移動平均線に関する事
記入したいと思います

良い感じにも、悪い感じにも見て取れます。200日移動平均線と言うのは、
大まかに言えば、一年間の平均値に近い、線です。現在22504円です。

今日は、ほとんどこれを下回った位置でダラダラと下げています。

今年一年で見てみれば、この200日線を下回り、長くて、9日以内に
脱出して上昇に向かっています。よく見れば、もう少しの辛抱と言うこと

になります。これは、長期上昇相場の場合で上げ続けるという過程では
成り立たないこともないです。

私の見ている、チャートは、日足500日ですがこれ以上長期になると
週足です。

200日線とほぼ同じ数値が52週平均線です。現在これは、22521円
です。

これで遡ってみると。2015年9月の暴落時には、この移動平均線が上昇して
いるにも係わらず1か月から2か月ほど52週を下回っていた時があります。

この場合、再び上昇してもまた売られて、下降相場の始まりになることも考えら
れます。

そのため、この200日移動平均線とそれを下回った、状態がどのくらい
続くかも、興味深く観察して、その後の相場を読むうえで大事になると
思います。

私も今週は、いろいろ忙しく、相場に張り付くことが出来ないためと、
今の状況を考えて、売買は、控えています。

個別銘柄やりたい人は、今の状態は突っ込み買い、噴き値売りで対処していく
のが被害を拡大しない方法だと思います。








kabuyumeo at 18:47|Permalink

2018年07月26日

6561ハナツアーの見方

kabuyumeo at 22:37|Permalink

2018年07月23日

8306買いタイミングの解説

8306-7-23

8306のチャート解説
このケースでは、典型的な形で、25日線に当たりやや跳ね返された後、7/13日の25日線を上に抜けて終わり、赤丸のここで高値抜けで寄ったために寄り付きで買いのパターンです。私もここで買いました!今日は半分利食いしました。

kabuyumeo at 15:55|PermalinkComments(0)
次の更新時間
5月21日  18:00時ころに更新しました

記事検索
テスト2
株×ブログ!銘柄NAVI